ED問題について考える男性

恥ずかしくて誰にも相談できなくてあきらめている人も多いと思う男性の悩み「ED」ですが薬もあるみたいだけど不安だし怪しいと感じている人たちに安心で生きるようなサイトを紹介したいと思っています。

EDの薬は半分でも本物なら効く?

医療機関では偽物のED治療薬を販売していないため、確実に本物を入手したい方は医療機関で検査を受けてから処方してもらいましょう。
医師が適切な種類・用量で処方してくれるので、そのまま服用するようにしてください。
半分にして飲むと副作用が弱くなりますが、効果も激減してしまいます。
EDの症状にもよりますが、20mgが必要な方にとって10mgでは少なすぎます。
ピルカッターで半分にすれば2回分として使用できますが、本来の効果を発揮できなくなるので注意しましょう。

半分にして飲んでもいい場合は、医師が用量を減らしてもいいと言った場合です。
20mgから10mgに変更になった場合は、自宅に残っている20mgを半分にして飲んでもかまいません。

個人輸入で販売するED治療薬の場合は、日本にはない用量も販売しています。
海外仕様のバイアグラやそのジェネリックには100mgが存在しますが、これは日本の最大量である50mgの2倍です。
100mgを購入する場合においては、ピルカッターで半分または4分の1にして服用しましょう。
100mgの状態で服用すると、めまいや頭痛が強く出てしまう可能性があります。
ED治療薬に限らず、薬は自分にとって適量があるため、それよりも多く服用するのはいけません。
たくさん飲めば効果が倍増すると考えている方は多いですが、必要量を超えて摂取しても健康被害を引き起こしてしまうことがあります。
海外仕様のED治療薬を服用して健康被害が生じても、完全なる自己責任となります。
個人輸入は医師の処方箋なしで購入できるメリットがありますが、すべて自己責任において購入する必要があるのです。
服用したことのないED治療薬の購入は避けたほうがいいでしょう。