ED問題について考える男性

男性の羞恥心ED問題!

恥ずかしくて誰にも相談できなくてあきらめている人も多いと思う男性の悩み「ED」ですが薬もあるみたいだけど不安だし怪しいと感じている人たちに安心で生きるようなサイトを紹介したいと思っています。

EDと草食系男子は関係する?

性行為の際に勃起に支障をきたしてしまう症状であるEDと個人の価値観などによってつくられる草食系男子という概念は一見すると何の関係もないように見えます。
しかし本当に全く関係がないのかと言われるとそうでは無く、傾向として草食系男子ほどEDになりやすいというのは確かにあるのです。
ではどうしてそう言えるのかというと、重要なポイントになるのは一般的に言われる草食系男子が持つ「異性への関心の薄さ」です。
言葉自体の定義があやふやな部分があるとはいえ、一般的に草食系男子と言う場合には異性に対してガツガツしていない、言ってしまえば性行為そのものへの関心が薄いという特徴が挙げられます。
この特徴を良いとするか悪いとするかは人それぞれですが、性行為への関心が薄いということはそれだけ勃起の機会が少なくなることにつながります。
もちろん勃起という機能自体は男性が自然に持つ生物としての機能であるため勃起が完全に出来なくなるということはあまり無いのですが、性行為の経験が少なく勃起をする機会が少ないと言うスタイルはEDのリスクを増加させるものであることは確かです。
また草食系男子と言われるような男性の場合は女性との性行為の経験自体が少ない傾向にあり、その中では「性行為をうまく行わなくてはならない」といったプレッシャーや「わざわざ性行為をするのは面倒くさい」といった思考が生じやすくなるでしょう。
そうした性行為に対するネガティブなストレス・思考というのは心因性EDを引き起こす重大なリスクです。
「だから異性に対してはガツガツした方が良い」といったことにはならないのですが、少なくとも草食系男子というのはそれだけでEDになりやすいのだとして考える必要はあるでしょう。

自力でEDを克服する方法

ED治療を専門のクリニックで行うとなると基本的に自由診療扱いになるために高額な医療費が請求されます。
そのため「なんとか自力で克服したい」というニーズをもつ人も多いのですが、実際のところこれは不可能ではありません。
まずそもそもどうしてEDになるのか、その原因としてはまず肥満や高血圧といった生活習慣病が考えられます。
肥満や高血圧によって陰茎部への血流が阻害されて勃起に必要な血液量を確保しづらくなり勃起が妨げられるという、器質性EDに分類されるタイプは決して少なくありません。
いわゆる予備軍のようにまだ生活に対して制限をかけるほどではないという人であっても、こうした生活習慣病やそれに近い状態を抱えている人はそうではない人に比べるとEDを抱えるリスクが高い人であると言えます。
従って食生活の改善や運動といった生活週間の改善をおこなっていけば、EDを自力で克服できる可能性はあると言えるのです。
もしこうした肉体的原因が思い当たらないということであれば、次に考えるべきなのは精神的な原因についてです。
例えば過去に女性関係でトラブルがあってそのことがトラウマになっている、また私生活においてストレスを感じることがあったり自分やパートナーの将来に関して不安を感じているということになると、それによって心因性EDという症状が引き起こされることもあります。
抑うつ気分や不眠といった症状が併発している場合にはこの心因性EDである疑いが強まりますから、まずはよく休息をとって気分を切り替える生活に変えていくと良いでしょう。
ただこうした対策で克服出来るというケースはEDが軽度な場合に限った話です。
こうした対策をしても回復が見られないという場合には専門医の診察が必要になるでしょうから、状況が悪化する前に専門医の診察を受けることをおすすめします。

EDによって結婚率低迷?

EDに悩む男性にとって、結婚できるかどうかは切実な問題となっています。
もちろんEDであっても、結婚はできますが、やはりEDであることはネックになる可能性は少なくありません。
EDがずっと続く場合、子供を作ることができませんし、夫婦のスキンシップもできませんから、多くの女性にとって、結婚には踏み切れない原因となることは否めません。
ただ、お互い本当に愛していれば、EDでも関係がないという女性もいますし、中には子供に興味のない女子もいますから、結婚できないと決めつけてしまってはいけません。
EDの治療は進化しています。
EDは生命を脅かすこともなく、痛みがある病気でもありません。
ただ、勃起が不十分であるため、男性としての自信喪失は、日常生活のさまざまな面で悪影響を与えるといわれています。
大部分のEDは、治療可能で、高血圧症や糖尿病、喫煙などの生活習慣病の関連因子を取り除き、適切な指導のもとで、治療法を選択肢、内服薬を服用して様子をみていきます。
現在、いろいろな作用を持つ薬剤が開発中で、陰茎の血管拡張を起こす化学物質の急速案分解を阻害することで、信号伝達経路に作用して、勃起を自然に起こすことが可能です。
また、原因が心因性の場合には、簡単な身体検査や血液検査を行い、関連する生活習慣や健康状態などに問題がないかどうかを調べ、精神的な原因であった場合に、カウンセリングを行うことで、改善につながることもあります。
こういった心因性の場合でも、内服薬が有効であるという海外のデータも発表されています。
治療費は、保健適応外となるため、医療施設によって差があります。
そのため、あらかじめ医療機関におおよその目安の費用を問い合わせておくとよいでしょう。
■EDを治したいと思ったなら
バイアグラ 通販
タダリスSXで勃起持続時間UP
■中折れなどのEDの症状に効果的なメガリスを見てみましょう
メガリスの価格
■代表的なED治療薬の概要を掲載しています
ED治療薬